石川町・山手・元町の不動産賃貸・売買の事ならいわさき不動産

LIXIL 045-252-4480 お問合せはこちら
いわさき不動産な日々

Q 解約時の原状回復義務

Q 賃貸借契約を解約し引っ越す予定ですが、契約書には明け渡し時

  原状に回復し明け渡すと書かれております。どの位必要になるのでしょう?

 

A 基本的に賃借人は、原状回復義務を負いますが、国土交通省の通達により

  明確になってきています。

  一昔前は、賃貸でお部屋を借りると、内装(クロス、床CF、畳、ふすま、障子

  等)ひと通り直し、相当な費用を請求されても、泣き寝入りの借主が多く

  それが、当たり前の時期もあったようです。

  原則として、国交省は、こう通達を示しています。

  故意・過失→借主負担   自然損耗→貸主負担

  そうなんです。入居者が壊したり汚したりした部分はしかたないですよね。

  でも自然に変色したり、経年劣化したところまでは、負担する必要は

  ありません。

  いわさき不動産では、入居前に必ずチェックをし、入居される方にも、

  室内のチェックをしていただき、記録を残し、退去時に入居時の状況票

  をもとに立ち会っており、皆さんにご理解いただけているようです。

 

カテゴリー別
最近のエントリー
月別アーカイブ

TOP