石川町・山手・元町の不動産賃貸・売買の事ならいわさき不動産

LIXIL 045-252-4480 お問合せはこちら
いわさき不動産な日々

 遺言書

遺言書って聞いたことはありますよね。

では、いったいどんな時に使うのか?

基本的には、本人の意思を伝えるためのもの。

そんな遺言書にも3つほど種類があります。

(1)自筆証書遺言(2)公正証書遺言(3)秘密証書遺言

それぞれの長所と短所があります。

(1)の長所・・・作成が簡単。誰にも知られずに作成できる。

         費用がかからない。

   短所・・・記載に不備があると無効。争いになるケースがある。

        紛失・隠匿のおそれあり。家裁の検認手続きを要する。

(2)の長所・・・公証人が整理し作成するので正確。公証役場で

        保管されるので紛失・盗難・偽造変造の恐れなし。

        家裁の検認手続が不要。

   短所・・・証人2人、印鑑証明書等が必要。遺言内容が証人から

        漏れるおそれはある。

        費用がかかる。

(3)の長所・・・内容の秘密が守られる。偽造・変造の危険なし。

        費用は11000円のみ。代筆、PCOK。

   短所・・・記載に不備があると無効。争いになるケースがある。

        紛失・隠匿のおそれあり。家裁の開封と検認手続が必要。

以上の方法で遺言者が単独で、法律に定められた方式でする相手方の

ない意思表示で、遺言者の死亡とともにいっていの効果を発生させること

を目的としています。

生涯かけて築き、守ってきた財産を、活用してもらうための意思表示

とともに、付言事項といって、自らの相続人に対する思いを伝えるための

方法として、財産があってもなくても、遺言書は、活用できますね。

 

カテゴリー別
最近のエントリー
月別アーカイブ

TOP