石川町・山手・元町の不動産賃貸・売買の事ならいわさき不動産

LIXIL 045-252-4480 お問合せはこちら
いわさき不動産な日々

Q 古アパートのリフォーム

Q 築30年のアパートを所有しています。このところ空室が目立ってき

  ており困ってます。フルリフォームを薦める会社、建て替えを薦める

  会社いろいろ電話がかかってくるのですが、どうしたら、良いので

  しょう。 

A お聞きしたいことがあります。

  現在の空室による損失家賃は、どのくらいですか?

  単純に空室を埋めることだけなのですか?

  将来の相続についても想定してますか? 

  リフォーム(リノベーション)による家賃設定の考え方

  家賃を高くして貸せる。空室を満室にできる。

  という考え方にもう少し+した考え方をしましょう。

  築30年ということは、十分投資額は回収のことと

  思います。

  リフォームするということは、再投資するということ

  その再投資に見合った回収は図れますか?

  発注する前に、必ずやらなければいけないことを

  お教えします。

  想定できる問題点は、家賃下落・空室の増加・修繕費の増大・入居者

  の質の低下など、→事業採算性の悪化

  相続において、空室が多いために建物の評価が不利になる。

  借入金も残ってないため、相続税が大幅にアップ 年々増大。

  "古アパート"の今後の活用法について比較検証が必要。

  弊社で、納得のいくまでシュミレーションが出来ますので、

  ご活用ください。 

  

 

   

カテゴリー別
最近のエントリー
月別アーカイブ

TOP