石川町・山手・元町の不動産賃貸・売買の事ならいわさき不動産

LIXIL 045-252-4480 お問合せはこちら
いわさき不動産な日々

信州 善光寺も寄ってきました。

善光寺は、その昔私の庭でした。(アハハ)

というのは、小学校5年生ごろまで長野で

育ちましたので、自宅から善光寺までは、

車で10分くらいだたでしょうか。

学校の低学年の時の遠足では、

よく善光寺まで歩いていったものです。

ちょうど善光寺の裏山は、戸隠に向かう路が

あったと思います。

かすかな思い出ですが、その路を登っていくと

左側に納骨堂がありそこでよくアケビなどをとり

遊んでいた記憶があります。

この善光寺に足を踏み入れると、その頃の記憶を

思い出させます。

本堂の中に入るとひんやりした空気と顔がすり減った

びんずる尊者があります。

 《本堂正面から外陣に入りますと最初に目にとまる像が、

 びんずる(賓頭廬)尊者です。お釈迦様の弟子、十六

 羅漢の一人で、神通力(超能力に似た力)が大変強い

 方でした。俗に「撫仏」といわれ、病人が自らの患部と

 同じところを触れることでその神通力にあやかり治して

 いただくという信仰があります。》

 幾人もの人がこの神通力にあやかったことでしょう。

  zenkouji.jpg

カテゴリー別
最近のエントリー
月別アーカイブ

TOP