石川町・山手・元町の不動産賃貸・売買の事ならいわさき不動産

LIXIL 045-252-4480 お問合せはこちら
いわさき不動産な日々

Q 公正証書契約の必要性

Q 賃貸借契約を締結するにあたり、公正証書で契約にしたほうが

  貸主、借主にとって有利なのでしょうか?

 

A 公正証書とは、公証人が証書として作成した文書のことです。

  では、どんなときに公正証書にするのが望ましいのか?

  まず、貸主から見た場合、

  契約期間、賃料の額、支払方法、解除原因、敷金など

  賃貸借契約の内容を明確にし、公的に証拠を残すことができ、

  後の紛争、特に賃料の支払を怠ったときに契約を解除し、

  明渡すことができるのあろうか?

  公正証書に強制執行認諾の文が記載されたものを『執行証書』

  とよばれ、裁判所に対して訴えを提起したり支払督促を求めたり

  しなくとも公正証書をもとに直ちに強制執行ができるのです。

  ただし、賃料の請求権しか認められません。

  したがって、賃貸借契約の解除明渡しの強制執行まではできない。

 

  借主から見た場合

  公正証書にすることにより、法的に無効な契約条項は公証人によって

  審査され除かれるので、無効な条項の契約を締結しなくてよいのです

  がそもそも、いろいろ無効な条項があったとしても、法的に無効なもの

  は無効なのです。

  結局、公正証書契約の必要性は、賃貸借契約の場合、執行証書として

  賃料は必ず支払っていただくことを目的にする以外は、あまり必要性を

  感じませんね。

カテゴリー別
最近のエントリー
月別アーカイブ

TOP